50年の想いを込めた、クラウドファンディングサービス「Makuake」への挑戦秘話

50年の想いを込めた、クラウドファンディングサービス「Makuake」への挑戦秘話

創業以来のロングセラー「固形洗剤」を、もっと知ってほしいから

 

「億劫になりがちな食器洗いの時間を少しでも楽しいものにしたい」
その一心で創業以来約50年間にわたり、キッチンツールの開発へと懸命に向き合ってきました。

ユーザーの声に真摯に向き合い、作り上げた確かな品質の製品は、多くの人の心を掴み、口コミを中心に着実にファンを獲得。中でもキッチンスポンジは、国内最大手の通販サイト「楽天市場」で3年連続1位を獲得するなどヒット商品となります。

そして、さらにおうち時間に貢献するべく、新たなオリジナルブランドの発足を決意。そこで、創業以来手作りし続けてきた「固形洗剤」に改めて思いを馳せました。

「スポンジだけでなく、実はリピーターも多い“固形洗剤”を、再度みなさんに知っていただきたい…」

 そのために何ができるかを模索した結果、たどり着いたのがクラウドファンディングサービス「Makuake」です。

 


達成率550%!初挑戦のクラウドファンディングは、予想以上の大反響でした

私たちが提案する「固形洗剤」は、液体洗剤が主流の昨今ではあまり認知されておらず、実際に使うまでの心理的なハードルはまだまだ高い状態でした。

そこで、画期的な商品の出展者が多く、同時にそんな製品への感度が高いユーザーが集まっていると感じた「Makuake」に注目。

思い切って「固形洗剤」を前面に打ち出し、準備を進めてきた新ブランド「ao」の商品のプレ販売をリターンとする、初のクラウドファンディングを始めます。

正直、販売開始の直前まで不安な気持ちが大きかったのですが、開始後たった3時間弱で目標金額の100%を達成、最終的に550%に到達するという大盛況!

洗浄力と手肌や地球への優しさを兼ね備えた、実は現代の生活空間にぴったりな「固形洗剤」の魅力が、多くの人に知れわたるきっかけとなりました。

 

感謝の気持ちと決意を新たに、オリジナルブランド「ao」をスタート!

ユーザーの声に耳を傾けながら約50年間改良を重ねてきた「固形洗剤」の良さと、その開発ストーリーが多くの人々の支持を集める結果となった、「Makuake」でのクラウドファンディング。

この結果の裏には、プロジェクト開始前から最後の一秒まで、終始応援いただいた、サンサンスポンジファンの皆様の存在がありました。

Makuake内では、応援購入後に企業に対してコメントを送れる機能があるのですが、日々、そのコメントも弊社を応援いただく温かい声であふれており、プロジェクト実施中も何度も画面の前で頭を下げていました。

少しでもこの恩に応えようと、応援購入したすべての方に手書きのメッセージを送付し、精一杯の感謝の意を伝えました。

同時により一層、暮らしの一助となる商品やサービスを展開していこうという想いを強くします。

新ブランドの船出を支えていただいた皆様に「恩返し」をするべく、皆様の声を反映させながら、よりよい商品を提供しつづけることをダイニチ・コーポレーションはお約束します。

2022-08-10 — AnyMind
洗剤やスポンジから容器やパッケージに至るまで。「ao」が追い求める、キッチンブランドとしての「エコ」

洗剤やスポンジから容器やパッケージに至るまで。「ao」が追い求める、キッチンブランドとしての「エコ」

ao」がエコであることにこだわる理由とは?

「エコ」であることは、キッチンブランド「ao」が掲げる3つの柱の1つ。これは、近年の大きな課題である環境問題に対して、できることから始めたいという気持ちの表れです。

家事の中でも比較的頻度の高い食器洗いで、少しでも水や洗剤の量を節約し、ゴミも削減できたら、きっとそれは大きな積み重ねになる——。

また、「ao」の商品を選び使ってもらうことで、ユーザーにもエコへの貢献を少しでも実感してもらい、食器洗いにも前向きになってもらえたら——。

そんな想いを胸に、持続可能な地球のため、持続可能な商品の開発を目指しています。


 

洗剤容器に「ライスレジン」という発想と、色へのこだわり

「ao」のスポンジや洗剤がサステナブルな設計であることは別の記事でも紹介していますが、実は商品だけでなく、容器やパッケージなど細部に至るまでエコであることにこだわっています。

洗剤を入れるため、どうしても必要になるのが耐水性の容器。使用後には残り、捨てざるをえない存在です。

この部分もなんとかしてエコな存在にしたいと素材から見直した結果、国産の「ライスレジン」を51%以上使った容器を採用しました。

「ライスレジン」とは、株式会社バイオマスレジンホールディングスが開発した、非食用の米由来のバイオマスプラスチックのこと。食用に適さない古米や米菓メーカーなどで発生する破砕米など、飼料としても処理されずに廃棄されるお米をプラスチックへとアップサイクルしたエコフレンドリーな素材です。石油系プラスチックの含有量を大幅に下げることができるため、焼却時のCO2排出量の削減に繋がります。

さらに、この容器の色にもこだわりが。「ao」の掲げる柱の1つ「luxury」——キッチンで過ごす時間に豊かさをもたらすため、デザインや香り、肌触りなどにこだわること——に基づき、インテリアにも合わせやすく優しげな印象のグレージュにしています。


 

プロダクトだけでなく、パッケージにもとことんエコを追求しています

もちろん、「ao」はパッケージや緩衝材もエコフレンドリーです。

すべてのパッケージにはプラスチックを一切使わず、ECF(無塩素漂白)パルプを配合した古紙配合率70%以上の再生紙を使用。この再生紙は、原材料が適切に管理された森林に由来することを示す「FSC 森林認証マーク」に認証された素材です。素材の背景だけでなく、「ao」のテーマカラーであるグレーカラーなのも決め手になりました。

また、ビニール製の緩衝材が未だ多く使われるなか、「ao」では植物性原料を使用した紙のエアークッションを選んでいます。使った後は堆肥にもなり、海洋環境下でも分解が可能。大幅な環境負荷の低減を実現した、新時代の緩衝材です。

これからもユーザーの声を反映しながら、機能性とエコを兼ね備えた商品展開を続けていきます。

2022-08-09 — AnyMind
心も体も癒やされる!これまでの食器用洗剤とは一線を画す、「ao」オリジナル洗剤の「香り」の秘密をご紹介

心も体も癒やされる!これまでの食器用洗剤とは一線を画す、「ao」オリジナル洗剤の「香り」の秘密をご紹介

多くのユーザーからの要望を受け、食器用洗剤の「香り」に着目しました

 

私たちは、常にユーザーの声を反映した商品開発を心がけています。あるイベント開催時に実施した食器洗いに関するユーザー向けのアンケートで、約半数ほどの方が食器用洗剤の「香り」について話していることに気がつきました。

「洗い物の時間は、“香り”次第でもっと豊かなものになる」 

そう確信し、オリジナルの食器用洗剤の「香り」にも注力し始めます。


 

調香師と協力して、天然精油の種類や構成、配合率にとことんこだわりました

市販の多くの洗剤にも香料は使われていますが、さらなる癒やし効果を求めた結果、天然精油に注目。目指したのは、人工的な香りが苦手な人でも心地よく使える新しい洗剤です。 

そこで、世界トップクラスの精油メーカーで役員を務める日本屈指の調香師に協力を仰ぎ、精油の種類の選抜と配合に着手しました。

キッチンは、言うまでもなく食事や料理との距離が近い場所。香り過ぎても食べ物の匂いと混ざってしまいますが、香りが足りなければ癒やし効果は望めません。その加減のバランスを見極め、天然精油を何パーセント配合するかという点には特にこだわりました。

多種多様な天然精油を組み合わせて30パターン以上の香りを試し、小数点単位で含有量や配合率を調整。そして洗剤としての使用感の確認までも細かく繰り返すこと、約3カ月。

常にユーザーの意見を参考にしながら、ついに理想的な食器用洗剤の「香り」にたどり着いたのです。


 

厳選に厳選を重ねた4つの香りが、食器洗いをもっと癒やしの時間に

こうして生まれた「ao」オリジナルの洗剤には、次のような4種類の天然精油を採用しています。

 

まずは「レモングラス」。食用にも使われる植物なのでキッチンとの相性も良く、虫などへの忌避効果も期待できる香りです。そして、リラックス効果を持つ「オレンジスイート」と「カモミール」で癒やしを、さらにややビターで落ち着いたシトラス系の「ライム」でフレッシュな爽快感もプラス。

効果・効能も含めて吟味されたこれらの精油を、独自の配合でブレンドしています。

また、製造時に精油を混ぜ込むタイミングにもきちんと配慮しているので、香りが飛んでしまうこともありません。

上品な柑橘系の香りがしっかりと、けれどナチュラルに広がるオリジナルの食器用洗剤が、洗い物をする人の心と体を優しく労います。

2022-08-09 — AnyMind
あなたの声をお聞かせください!参加型コミュニティ「Sun Friends!」とは?

あなたの声をお聞かせください!参加型コミュニティ「Sun Friends!」とは?

ユーザーと直接つながり、新ブランドを共に育てていきたいとの想いから設立

私たちは創業時から約50年間、真摯にユーザーの声に耳を傾け、それを反映した商品開発を心がけています。手書きのものからネット上の口コミまで、これまでも多くの参考になるアイデアや意見が寄せられてきました。

 

お支払い時にご利用いただく郵便振替用紙に寄せられた手書きのコメントの数々です!全てが弊社の宝物です。

そして自社ブランド「ao」の立ち上げに伴いユーザーと直接つながれるようになったことで、その声をより反映させながら一緒にブランドを育てていきたいとの想いがさらに強いものに。

こうして設立されたのが、オリジナルのコミュニティである「Sun Friends!」です。


 

オンライン・オフラインの活動を通じて、生の声を積極的にヒアリング

コミュニティ「Sun Friends!」は現在、公式LINEFacebookグループのページ上といったオンラインでのコミュニケーションを中心に活動しています。参加費もかからず、LINEに登録するだけで気軽に参加が可能です。

参加者は3060代の主婦の方が多いですが、中には男性のメンバーも。家事への豊富な知識・アイデアを共有し合いたい方や、参加者の知見を参考にしたい方などが加入しています。

これまでには、オンラインでの毎月の座談会や定期的なアンケートの実施に加えて、会社のフリースペースへ参加者を招いてのリアルな座談会や新商品のモニタリングなど、時にはオフラインでの活動も行われています。

 

実際に座談会の案内をした時のキャプションです。

様々な方法でユーザーの声を積極的にすくい上げ、日々の商品開発、ひいては「ao」のブランド育成に役立てているのです。


 

双方にWIN-WINな関係を構築し、より一層愛用していただけるモノづくりを志します

Sun Friends!」での活動は私たちだけでなく、参加者にも意義のあるものとなっています。

何かと1人でがんばってしまいがちな家事ですが、コミュニティのメンバーからは、「家事について直接情報交換できる場がないので、ここはとても貴重」「家事に関する様々なアイデアを聞くことができる」など、メリットを実感する声が多く寄せられています。

また、「商品開発に携わることができて嬉しい」「メーカーの方と直接お話しすることができて楽しい」といった声も。実際に自分が使っている商品の開発に関わり、自分のアイデアや意見を役立てることに喜びを感じていただいています。

今後はこれまでのオンライン・オフラインでの活動を継続・強化しながら、「Sun Friends!」限定のTシャツやノベルティなどの制作・プレゼントなども実施する予定です。

キッチンブランド「ao」は、ユーザーとのコラボレーションを通じて、これからもさらに進化し続けていきます。

Sun Friends!」コミュニティ参加はこちらまで↓

https://line.me/R/ti/p/@346znxzp

2022-08-09 — AnyMind
本当に良いものは、今も昔も変わらない。使用後は土に還る、サステナブルな「蚊帳地ふきん」とは?

本当に良いものは、今も昔も変わらない。使用後は土に還る、サステナブルな「蚊帳地ふきん」とは?

日常の様々なシーンで活躍する、「ao」オリジナルの「蚊帳地ふきん」です

蚊帳地ふきん 

近年、目にする機会がめっきり少なくなった「蚊帳(かや)」。目の粗い独特な蚊帳生地は、実はとても機能的な素材なのです。

そんな蚊帳生地の実用性に着目し、キッチンをはじめ多用途に使える布巾に仕立てたのが、「ao original kayaji fukin」。100年ほど続く奈良の町工場で、地元の人たちが1つ1つ丁寧に仕上げています。

手縫いで8枚重ねにする特別製法により吸水性が高く、適度な厚みがあり丈夫で長持ち。毛羽立ちもほとんどありません。使い込むほどに、もっちりと柔らかくなるのも特長です。

台拭きや食器拭きをはじめ、車拭きやおしぼりなど使用用途も多彩。自分の暮らしに合わせて末長く使える、縁の下の力持ちのような布巾です。


 

はるか昔から生活を支えてきた、歴史ある奈良の「蚊帳生地」を使用しています

はるか昔から生活を支えてきた、歴史ある奈良の「蚊帳生地」を使用しています

 

虫除けや涼をもたらす道具として古くから親しまれてきた「蚊帳生地」は、実は奈良の特産品の1つです。

日本における蚊帳生地の歴史は、古墳時代にあたる応神天皇の時代(西暦270~312年)にまで遡ります。呉の国から伝来したのが始まりとされており、奈良時代以降、貴族や武士など上流階級を中心に使用されていました。

江戸時代から明治時代にかけては、麻をはじめ綿や紙など様々な素材で蚊帳が作られるようになり、庶民にも広く普及。昭和の前半までに全盛期を迎えますが、後半から終わりにかけては殺虫剤やクーラーの普及により徐々に衰退していきます。

しかし確かな製織技術を生かして、今でも「ao」の蚊帳地ふきんのような生活用品、住宅や工業製品の産業資材などに用いられています。時代と共に形を変えながら、今も昔も人々の暮らしを支え続けているのです。


 

化学繊維・化学薬品不使用。使用後は土に還る、100%天然素材でできています

化学繊維・化学薬品不使用。使用後は土に還る、100%天然素材でできています

「ao original kayaji fukin」には、100%天然パルプ繊維(レーヨン)の素材を採用。化学繊維は使っていません。

さらに製造時の化学薬品も不使用なので、使用後は土に埋めると自然に分解される仕組みです。

ブランドの柱の1つに「eco」を掲げる「ao」だからこそ、人だけでなく地球にも優しい製品づくりにこだわっています。
 

2022-07-21 — AnyMind
日頃の感謝を込めて…。機能性豊かでおしゃれな「ao」のアイテムはギフトにもおすすめ!

日頃の感謝を込めて…。機能性豊かでおしゃれな「ao」のアイテムはギフトにもおすすめ!

実用的でシンプルな「ao」のギフトで、豊かなおうち時間をプレゼント

実用的でシンプルな「ao」のギフトで、豊かなおうち時間をプレゼント

 

イベントやお祝い事など、ギフトを選ぶ機会は日常の中でも意外と頻繁に訪れます。自分ではなく誰かへ贈る物だからこそ、あれこれ考えてしまい、なかなか決められないものです。

そんな時に役立つのが、「ao」のギフトセット。

「ao」では、キッチンをはじめ日々の様々なシーンで活躍する、実用的なアイテムを多数展開。暮らしの中で必要な家事を、もっと快適で楽しい時間にしてくれます。

さらに、使い勝手だけでなく素材やデザインにもこだわり、シンプルで洗練された佇まいに仕上がっているのもポイント。

大切な人やお世話になった人へ、豊かなおうち時間をプレゼントしませんか?

 

予算や用途に合わせて選べる、3種類のギフトセットを用意しました

予算や用途に合わせて選べる、3種類のギフトセットを用意しました

 

今回は、予算やシーンに合わせて選べる3種類のギフトセットをご紹介します。

まずは、気軽に贈れる2アイテムのギフトセット(2,880円・税込)。「ao」の代表的な商品であるオリジナルのスポンジ(2個入)と半固形の食器用洗剤がセットになっています。肩肘張らないちょっとした贈り物や、お返しの品などにもぴったりです。

2つ目は、自慢の品々を4点に厳選したベーシックなギフトセット(6,030円・税込)。オリジナルスポンジと食器用洗剤に加えて、多用途に使えるこだわりのキッチンブラシとリサイクルコットンを使ったトートバッグを詰め合わせました。お中元・お歳暮など時節の贈り物を含め、様々なギフトシーンにフィットします。

最後は、7点すべてのグッズが入ったギフトセット(12,950円・税込)です。4点のギフトセットからさらに、スポンジラック、タオル、蚊帳地ふきんの3商品が加わり、キッチン周りのアイテムのほとんどを「ao」で揃えられる豪華なセット。身近な人の結婚や出産、引っ越しなどといった、お祝いのシーンにもおすすめです。

 

オリジナルのギフトボックスや2種類のギフトオプションにより、準備もスマートに

オリジナルのギフトボックスや2種類のギフトオプションにより、準備もスマートに

 

すべてのギフトセットは「ao」オリジナルのギフトボックスの中に、緩衝材によってしっかり包まれた状態で届けられます。

さらに、メッセージカード(無料)と熨斗(110円・税込)という2つのギフトオプションを選ぶことも可能です。

ボックスやカードのデザインもシンプルでおしゃれなので、そのまま手渡せます。バタバタせずスマートに、ギフトの準備が整うところも嬉しいですね。

※包装紙やリボン掛けの対応は行っておりません。あらかじめご了承ください

2022-07-21 — AnyMind
どうやって使うの?~その疑問にお答えします。「ao」のスポンジとオリジナル洗剤の使い方をレクチャー!

どうやって使うの?~その疑問にお答えします。「ao」のスポンジとオリジナル洗剤の使い方をレクチャー!

「ao」オリジナルのスポンジ&食器用洗剤は、実はとても簡単に使えます

「ao」オリジナルのスポンジ&食器用洗剤は、実はとても簡単に使えます

 

今回お伝えするのは、「ao」の代表的な商品ともいえる、食器用スポンジ「ao original sponge」と半固形食器用洗剤「ao original dish cleaner」の使い方です。

特に洗剤は市販品に多い液体とは異なる半固形であるなど、「ao」を運営する「ダイニチ・コーポレーション」独自の設計がされた商品ですが、難しいことは何もありません。

ブランドの柱の1つ「easy」であることを大切に作られた「ao」の商品は、手軽に扱えるシンプルなものばかりです。

 

使い方はシンプルな3ステップ。天然精油にこだわった自然な香りもポイントです

 

使い方はとても簡単。たったの3ステップです。

【ステップ1】スポンジを濡らし、軽くしぼります。

【ステップ1】スポンジを濡らし、軽くしぼります。


【ステップ2】新品の場合は半固形洗剤の表面の薄紙を剥がし、先ほど濡らしたスポンジの先で洗剤を軽く2回ほどこすります。押し当てる程度で大丈夫。

【ステップ2】新品の場合は半固形洗剤の表面の薄紙を剥がし、先ほど濡らしたスポンジの先で洗剤を軽く2回ほどこすります。押し当てる程度で大丈夫。



【ステップ3】スポンジを数回(3回ほど)揉んでよく泡立てたら、洗い物スタートです。

【ステップ3】スポンジを数回(3回ほど)揉んでよく泡立てたら、洗い物スタートです。

この後は、泡がなくなるまで食器や調理器具などを洗い続けることができます。お子様でも扱える親切設計なので、お手伝いを頼むのにも無理がありません。

また、オリジナル洗剤の香料には100%天然精油(レモングラス、オレンジスイート、ライム、カモミール)を贅沢に配合。ナチュラルに香る爽やかな柑橘系の香りに包まれたら、面倒だった洗い物も楽しいひと時に。

 

機能的で手肌と地球にも優しいスポンジ&オリジナル洗剤が、洗い物の時間をさらに豊かに

機能的で手肌と地球にも優しいスポンジ&オリジナル洗剤が、洗い物の時間をさらに豊かに

 

「ao」のスポンジとオリジナル洗剤は、ただ使いやすいだけではありません。

数カ月〜1年ほどと長持ちするスポンジはゴミの削減につながり、オリジナル洗剤も高い生分解性を持つ成分で作られることで環境にも配慮されています。

また、半固形にすることによりアルコール成分が不要なオリジナル洗剤には保湿成分をたっぷり配合。手肌にも優しいのも特長です。

しかも洗浄力には一切の妥協なし。スポンジのハリとも合わさって、調理器具や食器についた油汚れもしっかり洗い落としてくれます。

ストレスなく「easy」に使えて機能的、そのうえ環境や手肌に優しい「eco」で「luxury」な設計のスポンジとオリジナル洗剤が、毎日の洗い物を今までよりも豊かな時間にしてくれます。

2022-07-21 — AnyMind
「こういうのが欲しかった!」を叶える、優しさと洗浄力を両立したキッチンブラシ

「こういうのが欲しかった!」を叶える、優しさと洗浄力を両立したキッチンブラシ

テフロン加工のフライパンもしっかり洗いあげる、頼もしいキッチン用の汎用ブラシです

テフロン加工のフライパンもしっかり洗いあげる、頼もしいキッチン用の汎用ブラシです

 

洗い物の中でも特に厄介なのが、鍋やフライパンなどをはじめとした調理器具。

特に焦げついた油汚れは、スポンジだけでは落としにくい…。しかも表面加工や素材がデリケートな調理器具も多く、何を使うべきか頭を悩ませている方も多いのでは?

そんな方におすすめしたいのが、2種類の植毛を使用した「ao original kitchen brush」。

汚れをきちんと落としながらも洗い物に優しい、新しいキッチン用ブラシです。油汚れの付いた繊細なテフロン加工のフライパンも、表面を傷つけることなくスッキリと洗い上げてくれます。

スポンジでは洗いきれない調理器具や食器はもちろん、キッチンの至る所で活躍してくれる汎用性も魅力。今回は、この「ao」オリジナルブラシについてお話しします。

 

2種類の植毛を使うことで洗浄力と傷の防止、多用途への使用を可能にしました

2種類の植毛を使うことで洗浄力と傷の防止、多用途への使用を可能にしました

 

汚れを落とす役割と調理器具の傷の防止。この相反する問題を解決するべく辿り着いたのは、剛性の異なる2種類の植毛を使用することでした。

内側には硬めの黒豚毛、外側には少し柔らかな化学繊維毛のカネゴートを採用し、独自のコシを作っています。

さらに、異なる2種類の毛を職人の手作業により絶妙なバランスで調整。柔らかい毛で洗い物の素材や表面加工を守りながら、硬めの毛で頑固な汚れにはしっかりアプローチできる、機能的なブラシに仕上げました。

毛束の植え込み本数が多く毛先も細いので、ザルやおろし金、まな板の包丁跡に染み込んだ汚れや機器類のパーツなど、凸凹した部分や細かいものを洗うのにも重宝します。また、洗い物だけでなく野菜の泥落としにも最適です。

痒い所に手が届く使い勝手のよさを、ぜひ体感してみてください。
 

持ち手のこだわり素材やおしゃれなデザインが、家事を楽しくするひと工夫に

持ち手のこだわり素材やおしゃれなデザインが、家事を楽しくするひと工夫に

 

使いやすくて便利なことはもちろん大切ですが、使っていて楽しい気分になれたら、より一層素敵ですよね。

「ao original kitchen brush」は機能性だけではなく、家事を楽しくする工夫が随所に散りばめられています。

持ち手の素材には、抗菌作用に優れた東濃ヒノキを採用。東濃ヒノキとは、伊勢神宮にあるご社殿の1つ、式年遷宮の外宮の御用材としても使われているという香り高い木材です。使い終わりに干していると、ヒノキのよい香りがほのかに漂います。

また、リボン部分には引っかけ穴がついており、置くことも吊るすこともできる設計に。シンプルなデザインや愛らしい佇まいでインテリアの邪魔をせず、キッチン周りをちょっとおしゃれに彩ってくれます。

2022-07-21 — AnyMind
こだわり抜いた先に生まれた新たな固形洗剤がもたらす、<br>これまでにない食器洗い体験

こだわり抜いた先に生まれた新たな固形洗剤がもたらす、
これまでにない食器洗い体験

1500人の声から誕生した固形洗剤が、食器洗いをもっと楽しく

食器用洗剤といえば、お店の売り場に並ぶ液体洗剤が主流なイメージ。しかし"ao original dish cleaner"は、バターのような質感を持つ固形の洗剤です。

使い方はとても簡単。食器洗いの様々な問題にアプローチする、機能的な洗剤となっています。

50年以上食器用洗剤と向き合ってきたダイニチ・コーポレーションが、約1500人の女性の声に耳を傾け、たどり着いた答えなのです。

 

目指したのは、手肌への優しさとしっかりした洗浄力の共存

「洗浄力の強い食器用洗剤を使っているけど、手荒れに困っている…」
「手荒れのことを考えた洗剤を選んだら、汚れが落ちにくかった…」

そのような声を受けて誕生した固形洗剤"ao original dish cleaner"は、手肌への優しさと強い洗浄力を両立させることに成功しました。

水の腐敗を防止するためのアルコール成分が不要なので手肌への刺激が少なく、食器用洗剤では通常使われないコラーゲンと温泉成分を配合。手肌への思いやりを突き詰めた設計となっています。

一方で、洗浄力にも一切妥協をしていません。天然ヤシ油石鹸をベースとした洗浄成分が絶妙なバランスでブレンドされ、油汚れも簡単に落とせます。

さらに、香料には柑橘系の天然精油を使用。作業する人の心を癒やす、自然で爽やかな香りも嬉しいポイントです。

 

食器洗いに、「固形洗剤」という選択肢を

さらに、固形洗剤ならではの特長を生かした地球への優しさも"ao original dish cleaner"の魅力です。

成分を水で薄めていないため少量の洗剤でたくさん洗えることや、コンパクトなパッケージでゴミの排出を抑えていること。そして、国内の下水処理場で99%が分解されるという高い生分解性を持った成分でできていることなど、環境への配慮にも尽力しています。

手肌や地球に優しく、洗浄力など機能性も申し分ない固形洗剤"ao original dish cleaner"が、今までにない楽しい食器洗い体験を提供します。

 

▼ご紹介商品はこちら
ao original dish cleaner

2022-06-06 — YamadaKaho
SNSでも話題 きっと手放せなくなる!家事と生きる全ての人たちへ捧ぐスポンジ

SNSでも話題 きっと手放せなくなる!家事と生きる全ての人たちへ捧ぐスポンジ

お気に入りの道具を選ぶことは、心と時間の充実につながります

今使っているスポンジに、心から満足している――。
そんな人は案外少ないのではないでしょうか?

ふと思い返して見ると、意外とへたりやすく頻繁に買い替えが必要だったり、ちょっと使い続けたら泡切れや水切れが悪くなり臭いや衛生面が気になったり……。おしゃれなスポンジが少なくキッチンのインテリアにそぐわないと、デザイン面で引っかかる場合もあるでしょう。 

普段は大きく気に留めないような些細な不満でも、家事をする人たちの心には小さなストレスが積もります。

使いやすく、そして使っていて楽しくなるような道具を選ぶことは、家事の時間や家事をする人の心の充実につながるのです。

ao」のスポンジが選ばれる理由とは?

国内最大手の通販サイト「楽天市場」でも3年連続1位を獲得し、SNSでも評判が後を絶たない、「サンサンスポンジ」。キッチンブランド「ao」を立ち上げたダイニチ・コーポレーションのヒット商品ですが、選ばれ続けるには歴とした理由があるのです。 

まず、高い形状記憶力を持つ高品質ポリウレタンを使用することで、圧倒的な耐久性を実現。新品時のような弾力が長続きし、数カ月から1年ほど使えます。

そして、泡立ち・泡切れ・水切れ・通気性のいずれにも優れた、シンプルな一層設計を採用。洗剤や水の節約にもなり、清潔を保ちやすいのも特長です。

ダイニチ・コーポレーションのオリジナルブランドである「ao」でも取り扱っていますが、こちらで展開するのはグレーとブラックのシンプルな2色。キッチンに置いてもおしゃれ感のある、スタイリッシュなデザインとなっています。

 

ao」はキッチン雑貨を通じて、豊かなおうち時間をデザインします

人として生きるうえで、家事はどうしても欠かせないことの1つです。特にここ数年で、それ以前よりも自宅にいる時間が長くなった人も多いはず。 

家事とは、これからもずっと付き合っていくもの。だからこそ、その時間をもう少し明るい気持ちで過ごすことができたら、毎日をより前向きに過ごせるはずです。

暮らしに優しく寄り添う「ao」のアイテムを使って、今までよりもちょっと豊かなおうち時間を始めてみませんか?

 

▼ご紹介商品はこちら
ao original sponge  

2022-06-06 — YamadaKaho
洗い物の新常識を生み出す「ダイニチ・コーポレーション」とは?

洗い物の新常識を生み出す「ダイニチ・コーポレーション」とは?

創業以来約50年間、キッチン用品の手作りを続ける会社です

1973年創業の「ダイニチ・コーポレーション」は、約50年にわたり食器用固形洗剤やキッチン雑貨の手作りを続けている企業です。

先代の吉田雄一が創立した「大日化成株式会社」を前身として息子である吉田元之が事業を継承。その後は吉田元之の妻や息子2人も参画して、現在は親子3代による家族経営を行っています。

長年会社を見てきた経験や知見に、その背中を見て育った息子たちの新しい視点が加わった、まさに温故知新の精神が生きた会社なのです。

  

洗い物人生が変わる!
ブレイクスルーのきっかけとなった「サンサンスポンジ」

持ち前の技術力が世に広まるきっかけとなったのは、固形洗剤と相性のよいスポンジとして開発された「サンサンスポンジ」。適度なハリ感がありヘタりにくく、数カ月から約1年もの使用が可能な、従来のスポンジの概念を覆すような耐久性が自慢です。

泡立ちや洗浄力も申し分なく、水切れもよく乾きやすいので、衛生面も良好に保ちやすくなっています。
「洗い物人生が変わる」と、使用者が軒並み高評価を掲げる看板商品となりました。

 

「家事の時間をもっと楽しく」との想いから、オリジナルブランド「ao」を発足

そんな「ダイニチ・コーポレーション」が新しく生み出したオリジナルブランドが「ao」。

会社を営む吉田一家が長年抱いてきた「家事をもっと楽しんでほしい」「家での時間をもっと豊かなものにしたい」という想いを形にした、食器用固形洗剤をはじめとしたキッチン雑貨を中心に展開するブランドです。 

自家用はもちろんギフトにも選びたくなるようなシンプルで洗練されたアイテムが揃い、インテリアにも優しくマッチ。

機能美とデザイン美を両立した「ao」の商品が、あなたのおうち時間を豊かに彩ります。

▼ご紹介商品はこちら
ao original sponge 
 
ao original dish cleanser

2022-06-06 — YamadaKaho
タグ: その他
人と地球に寄り添うキッチンブランド「ao」が提案する「eco」の姿

人と地球に寄り添うキッチンブランド「ao」が提案する「eco」の姿

これまで億劫だった家事を明るく照らす、「日の出」のような存在を目指して

ブランド名である「ao」という名前。日本語でそのまま「あお」と読みますが、ハワイ語では「日の出」や「夜明け」を意味する言葉です。

「今まで億劫になりがちだった家事(暗い時間)を照らし出す、ようやく出会えた太陽のような、日の出のような存在でありたい」、そんな想いを込めて名付けられました。

愛や優しさ、自然体、寄り添うことなどをテーマとしたハワイに根付くアロハスピリッツのように、「ao」というブランドも人々の暮らしにずっと寄り添える存在を目指しています。

 

「less is more」をコンセプトに、3つのポイントを追求した商品を展開します

less is more(少ないほど豊かである)」とは、「ao」が掲げるブランドコンセプト。このコンセプトの下、「easy」「eco」「luxury」という3つのポイントを大切にした商品を展開しています。

easy」とは、簡単かつシンプルでストレスフリーな設計であり、家事を楽にする機能性を備えていること。

eco」とは、長持ちすることで買い替えやゴミの削減につなげるなど、環境に優しい製品であること。

そして「luxury」とは、キッチンで過ごす時間に豊かさをもたらすため、デザインや香り、肌触りなどにこだわること。


これらを兼ね備えたキッチンブランドが「
ao」なのです。

  

キッチンから考える、「ao」が掲げる「eco」とは?

ao」を象徴するものの1つが、「eco」という観点。前述のように、「ao」が考える「eco」とは、「長持ちする」ということです。

長持ちするということは、買い替えが少なくて済むということ。そしてそれは、限りある資源を有効活用することであり、ゴミの削減につながります。

泡切れがよくスッキリ洗える洗剤で、水の使用量を減らす。泡が密着する洗剤や泡立ちの優れたスポンジで、洗剤の使い過ぎを防ぐ。そういったこともまた、限りある資源の有効活用だと言えます。

もちろん、容器やパッケージには環境に優しい素材を積極的に採用。


手肌だけでなく、地球にも優しいブランドなのです。

 

 

2022-05-09 — YamadaKaho